先輩の成功事例

病院薬剤師として活躍中! 薬剤師 北岡大輔さん(仮名)インタビュー

北岡大輔さん
ROOKIE'Sを利用したきっかけは?
病院に就職したいと思っていたもののなかなか思うように就職活動も進まず、実験も忙しかったりと、焦りつつもどう動いてよいのかわからず悩んでいたところ、ちょうどROOKIE'Sのホームページを発見しました。
薬剤師専門であったことから気軽にエントリーをしました。
自身でも就職活動はしましたか?
調剤薬局やドラッグストアの場合は企業説明会もありますが、病院の場合はそういったものがあまりなかったので、就職活動はしましたが自分で調べられる情報には限界がありました。そのうち学校も忙しくなってきて…。
大学は忙しかったのですか?
実験や卒研で忙しかったですね。自分で就職活動をするとなると、何度も履歴書を書いたりエントリーシートを書いたりしないといけないので、僕の場合は志望動機などをその都度考えるのにかなり時間がかかりました。このサービスを利用して提出した書類は初めの登録の時だけだったので、それも助かりましたね。
キャリアカウンセリングを受けた感想は?
周りではあまりこういったサービスを利用した人がいなかったので、初めはちょっと不安でした。でも、登録面談の際にメディカルリソースの方と話しをして、自分の希望を正直に話せたのがよかったと思います。病院の面接で面接担当者を前にすると直接は聞きにくかったり言いにくかったりということもありますが、ファルマスタッフの方へは思っていることを話せたことで自分の希望が伝わりましたし、それに対するアドバイスや現状の話もあったのでより具体的に考えられるようになりました。
アドバイスや現状の話ってどのような内容でしたか?
大学時代に実習に行った病院のイメージが僕の希望する病院のイメージだったのですが、実際にはそういった規模の病院よりも中小規模の病院の数が多いというお話しを聞きました。大きな病院がたくさんあると思っていたので、正直ちょっとショックでした。もう一回なぜ病院で働きたいのか考えてみては?というアドバイスを受けて、自分自身で考え直しました。病院薬剤師を志したきっかけは、患者さんと近いところで治療の支えになりたいと思ったからです。大きい病院でしか学べないこともあると思いますが、患者さんの支えになるという点では病院の規模はそんなに関係ないのではというメディカルリソースの方の助言で現在の勤務先を選びました。
その他に就活支援サービスを利用してよかったことはありますか?
先ほどの書類の件もそうですが、病院との面接日時の調整や内定の連絡もメディカルリソースが代行してくれたので実験中も携帯電話をそれほど気にすることなく効率よく就職活動ができたと思います。面接にもメディカルリソースの専任の方が同行してくれたので、それも心強かったです。
今のお仕事を教えて下さい
病院薬剤師として勤務しています。入ってすぐは慣れない仕事に緊張の連続でしたが、先輩にも恵まれて充実した日をすごしています。初めは調剤から覚えて、今は先輩について病棟にも上がっています。入院している患者さんは、健康食品やサプリメントを摂っている場合も多くて、先輩はよく質問を受けています。てきぱき答える姿はさすがだなと思います。質問をされるということは信頼されているということでもあると思うので、僕も早く患者さんの不安を和らげてあげられるような薬剤師になりたいですね。
薬学生の皆さんにメッセージをお願いします。
就職活動は初めてのことなので、履歴書ひとつ書くにも時間がかかるし分からないことも多いと思います。分からないことを面接官にはなかなか聞けないし、できれば面接前に解決しておきたいですよね。全部自分で情報を集めて勉強してという人もいると思いますが、就職活動のプロに相談するのも一つの手段だと思います。